カジノで遊ぶ |

ラスベガスの有名カジノホテルの泊まり方。部屋の中身も紹介!「パリス」「ザ・コスモポリタン」

憧れの地、ラスベガスの主役であるカジノホテル。なんとなく有名どころの名前は知ってるけど、結局どんなところなんだろう?予約すれば普通に泊まれる?などなど、最初の一歩で知っておくべき知識とともに、「パリス」と「ザ・コスモポリタン」の2つのカジノホテルをピックアップして紹介。長期滞在を敢行中のひなさんによるレポートをお届けします。

海外旅行とポーカーが大好き!元アミューズメントカジノディーラーの夫婦ひな・だいふくと申します。

今回、ラスベガスに長期滞在でやってきました。

後半はAirbnbを利用して家に住みますが、前半はホテル宿泊。

今回泊まったラスベガスのホテルの中でも特におすすめなホテル、そしてラスベガスのホテルの選び方などを詳しく紹介していきます!

ラスベガスのホテル選びのポイント


ラスベガスはメインの大通りを「ストリップ」と呼び、ラスベガスで遊ぶ・食べる・カジノをするならこのストリップが中心となります。

ラスベガスでのホテル選びに最も重要なのが『立地』。

ラスベガスのホテルは一つひとつが超巨大で、目の前にあると思っても歩くと隣のホテルに行くまで30分かかる……なんてこともあります。

ちょっと距離はあるけど安い、というホテルを選ぶのは絶対に止めましょう!

特にストリップから離れたホテルを予約してしまうと、ストリップまでの行き帰りが毎回シャトルバスやタクシーになってしまいます。

ホテルからストリップまでの移動にものすごく時間がかかり、毎回タクシー代がかかって結果的に高くついてしまった……ということも。

それを踏まえて、今回は立地抜群・ラスベガスらしさを堪能できる2つのホテルを紹介します!

ラスベガスのホテルを予約する時の注意点

ラスベガスのホテルには、必ず「リゾートフィー」というものがかかります。

これはホテルが独自に設定している追加費用で、大体1泊45ドルほど。


最初ホテル予約サイトや公式サイトでホテルの価格を見ていると「安い!」というお部屋が見つかります。

そして予約最終画面に進むと……


税と1泊45ドルのリゾートフィー(赤枠部分)が追加され「あれ、思ってたより高い!?」となってしまいます。

追加されている表示が分かりやすいとまだ良いのですが、たまに最終画面でも小さくしか表示されておらず、チェックインの際に気付くという場合も。

リゾートフィーの存在を知らないと、事前にホテル代払っているのになんで??となってしまいますよね。

ホテルによっては、ホテルの部屋代よりリゾートフィーが高くなることもあります。

ラスベガスの悪しき文化ですが……払わないと泊まることができません。

ラスベガスのホテルにはお部屋代+リゾートフィーがかかると覚えておきましょう!

https://www.caesars.com/paris-las-vegas

ラスベガスのホテル予約方法

海外のホテルを予約する時は、「エクスペディア」や「ブッキングドットコム」などのホテル予約サイトから予約するか、公式サイトからの予約になります。

「エクスペディア」などは日本語で予約できて便利ですが、販売手数料などが含まれるので公式サイトより高くなりがち。

クーポンなどがあればホテル予約サイトからの予約も良いですが、基本的には公式サイトからの予約がおすすめです。

フランスらしい華やかな雰囲気のホテル「パリス」


それでは最初のおすすめホテル「パリス・ラスベガス」に行ってみましょう!

チェックインの時にパスポートを提示して名前を伝えます。

ロビーにはシャンデリアがあり、とっても華やか!

絵画も飾ってあり、まるでパリの画廊のようです。


チェックインを済ませてカードキーを受け取り、客室専用のエレベーターへ向かいます。


途中カジノを横切るのでこの時点でワクワクしますね!

エレベーターの前にはセキュリティの人がいて、カードキーを見せないと進めません。

今回はスイートルームに宿泊しましたので、そのお部屋の紹介です!

パリス・ラスベガス スイートルーム

こちらのスイートルームはクイーンのベッド2台にソファ付きのリビング。

かなり広く、二人で使うにはもったいないくらい。

内装もフランスっぽく華やかな雰囲気があります。

お気に入りポイント:大理石がおしゃれなバスルーム

バスルームはふたつ付き。ひとつはシャワールームのみですが、もうひとつにはかなり大きな湯船が付いています。日本人には嬉しいですね!


洗面所もかなり広く、大理石でおしゃれ。

写真を撮るのが楽しくなります!

注意点としてアメリカのホテルは基本的にアメニティに歯ブラシはありません!

日本から持ってくるか、現地のCVS(コンビニのようなお店)で買う必要があります。

パリスのシャンプー・コンディショナーは使いやすかったですが、ホテルによっては髪の毛がキシキシになる場合もあるので、気になる方はシャンプー類も持参する方が良いかもしれません。

パリス・ラスベガスの料金

こちらのスイートルーム、1泊250ドルから。

日本でこんな豪華なスイートルームに泊まろうと思ったら倍くらいの金額しそうですね……!

ラスベガスは比較的ホテルの値段が安いので、豪華なスイートルームに泊まりたい!と思ったらぜひパリスラスベガスのスイートルームへ!

パリス・ラスベガスのカジノ

カジノでプレイする前に、プレイヤーズカードを作っておきましょう!

カジノでゲームするときにプレイヤーズカードを提示すると、賭け金や時間に応じてコンプ(ポイント)が貯まり、そのコンプを使ってレストランで食事をすることができます。

パリスはシーザーズ系列のホテルなので、シーザーズリワードカード。他のシーザーズ系列のカジノでも同じプレイヤーズカードを使えるので、作っておく事をおすすめします。

パリスは他のカジノと違い天井が青空模様なので、なんとなく開放感があります!

パリス・ラスベガス内の施設

パリスラスベガスはエッフェル塔が特徴的で、このエッフェル塔は登ることもできます。

このエッフェル塔は本物の2分の1のサイズ。

ストリップの景色をパノラマで眺められるので興味のある方はぜひ行ってみてください!


Paris Las Vegas
HP:https://www.caesars.com/paris-las-vegas

若者向けの現代的なホテル「ザ・コスモポリタン」


「ザ・コスモポリタン・オブ・ラスベガス」は比較的新しいホテルで、内装もとっても綺麗!

チェックインカウンターも鏡張りで不思議な空間になっています。


少し若者向けのホテルで、客層も派手な服装をしてる方が多い印象。

クラブのような雰囲気が好きな方におすすめです!

ザ・コスモポリタンのお部屋紹介

今回泊まったお部屋は、「テラススタジオ2クイーンベッドファウンテンビュールーム」。

お部屋のベッドはシンプル。ホテルの内装が派手なだけに、お部屋の中は落ち着く空間になっています。


ベッドはシンプルですが、壁はイマドキ風。

冷蔵庫内のドリンクは持ち上げるだけで課金されるタイプなので、飲まないなら持ち上げないように注意しましょう!


このホテルもシャワールーム&湯船付き。ジャグジーも付いています!

ラスベガスのホテルで湯船が付いているホテルは少ないので、日本人に嬉しい作り。

お気に入りポイント:ストリップを眺める噴水ビュー

コスモポリタンはバルコニー付きのお部屋があり、唯一ラスベガスの中でお部屋の窓が開けられるホテルになっています。

せっかくバルコニー付きのお部屋にするなら、噴水ビューにするのが断然おすすめ!

ベラージオの噴水ショーを上から眺めることのできるのは、コスモポリタンだけ。

ラスベガスのホテルで景色を楽しむならコスモポリタン一択です。ストリップの全体の景色を上から眺められて、最高の贅沢を味わえますよ!

ザ・コスモポリタンの料金

コスモポリタンのバルコニー付き噴水ビューのお部屋は、350ドルから。

パリスホテルのスイートルームより高く、他のラスベガスのホテルと比べても高額にはなりますが……。

ラスベガスで唯一の景色が楽しめるコスモポリタンホテル、ぜひ泊まってみてください!

ザ・コスモポリタンのカジノ

とにかく豪華でセレブのパーティー会場のような、高級クラブのような雰囲気!かといってレートが高いわけではなく、カジュアルに遊びやすいカジノです。

プレイヤーズカードはコスモポリタン独自のアイデンティティーカード。他に系列のホテルはなく、コンプはコスモポリタンでしか貯められないのが少し不便です。

ザ・コスモポリタン内の施設

ホテル内には冬限定でアイススケートリンクもあります!滑走料と靴レンタル代で1人30ドル。

滑らなくてもマシュマロを焼いたり上映されてる映画を見たり、家族で楽しめるスポットになっています。焚き火のあるテーブルもあり、ここは予約必須。

ラスベガスのど真ん中でアイススケートを体験するのもおすすめです!


The Cosmopolitan of Las Vegas
HP:https://www.cosmopolitanlasvegas.com/

周辺のエンタメとおすすめホテル


ラスベガスのホテルは泊まらなくても歩いているだけで見るところが多く、とっても楽しいですよ!

パリスラスベガスやコスモポリタンの目の前には、噴水ショーで有名なベラージオホテルも。噴水ショーは無料で見られるラスベガスのおすすめスポットとなっています!


南の方に行けばニューヨークをモチーフとしたニューヨークニューヨークホテルがあります。

ホテル周辺を走っているジェットコースターは実際に乗ることができて、これが結構怖い!絶叫系が好きな人はぜひチャレンジして欲しいです。

安くて豪華なスイートルームに泊まるならパリスホテル、ストリップの景色を一望するならコスモポリタンホテル。どちらもストリップの中心地にあり、アクセス抜群です!

ラスベガスのホテル選びの参考にしてくださいね!


カジノ情報交換コミュニティに参加して、カジノについて話せる友だちを見つけよう🤝
詳しくはこちら😎👉 <カジルラウンジβ版