近場で遊ぶ |

アミューズメントカジノ激戦区・新宿のおすすめ4店舗。迷ったらココ!

アミューズメントカジノっていっぱいあるから、どこに行けばいいかわかんなくなる時ってない?実は、スポットごとにそれぞれの魅力があるんです。店内の雰囲気や、それぞれの特徴などなど……選ぶ際に参考になるポイントをまとめてみたよ。今回はアミュカジがひしめき、しのぎを削る街、新宿・歌舞伎町のおすすめスポットを紹介します。

新宿のアミューズメントカジノのおすすめ、紹介します。

最近、ポーカーってだいぶ流行ってきてるよね?

その流れに呼応するように、アミューズメントカジノの店舗数もどんどん増えていて、ポーカーを遊べる場所の選択肢がさらに広がってきた。むしろありすぎてどこに行こうか迷う、なんて贅沢な悩みもあるとかないとか……。

中でも新宿は、“激戦区”と言っても過言ではないくらいで、数えられるだけでも15店舗以上が軒を連ねている(たぶんもっとある)。しかも、ほとんどが面積0.3k㎡ほどのコンパクトな歌舞伎町エリア内に集中していて、店舗同士が徒歩1〜2分圏内というのもざら。そのためか、お店からお店へハシゴして遊ぶ人も少なからずいるみたい。

今回はそんな激戦区から、編集部おすすめの4つのスポットをピックアップ。いまいちどのアミューズメントカジノ(=アミュカジ)に行けばいいかわからない、自分と相性が合うかどうか不安、名前は知ってるけど詳しくはわからん、という人はまずはここから選んでみて!

1|未経験でもOKはじめて行くなら「ジクー」

インターネットカフェや漫画喫茶で有名な「自遊空間」がプロデュースする「ジクー」。西武新宿駅からすぐ、ビルのエレベーターを上がって3階にある。ポーカーの他にも、ブラックジャック、バカラ、ルーレット(※)など、主要なカジノゲームを楽しめるので、カジノ未経験の人にもおすすめ。
※コロナ感染対策のため現在は利用停止中です。

一見さんに選ばれる、大手ならではの安心感。

2021年7月でオープン6周年を迎えたという「ジクー」は、はじめてのアミュカジとして選ばれることが多いのだと店長の河井さんは話す。

「やはり自遊空間が運営しているということで、はじめてでも安心して遊べる敷居の低さがあると思います。比較的お手頃な価格で遊べますし、ポーカーをライトに楽しむお客様が多いのが特徴です。一見さんの中でも、お一人様で来られる方も多いですよ

これまでたくさんのビギナーを迎えてきた、という安心感よ! 店内の雰囲気は、みんながイメージするカジノそのもの。「まずはどんな場所なのか知りたい」という人には、うってつけのスポットだ。カジノデビュー前のイメトレが捗りそう。

バカラやブラックジャック、ルーレットなど遊べるゲームの幅もあるので、「実はポーカー以外のゲームってやったことないな」という人も、ぜひこの機会に店内でデビューをしちゃおう。

店内のカウンターには、自遊空間らしい漫画コーナーが。『賭ケグルイ』『カイジ』などギャンブルが題材の漫画が並ぶ。

お昼からポーカーやるのはどう?

トーナメントイベントは1日2回の開催だそう。とくに注目したいのは、平日限定のトーナメント「ジクナンデス!」。昼帯のあの番組から拝借しているタイトル通り、お昼(15:30~)からスタートするトナメだ。しかも、飲み放題付き!

「エントリー2,000円で飲み放題がついてくるので、ポーカーはもちろん飲み代としてもお得なイベント。実は狙い目の時間帯なんです。平日ですが、毎日平均20名ほどの参加者がおり、盛り上がっています」

「ジクナンデス!」は平日毎日開催。トーナメントデビューにもおすすめ。

飲み放題にはアルコールドリンクも含まれているので(※)、負けて飛ぶまで、無限に(?)お酒が飲めるという平日のオアシス的なプランになっている。最高。

勝ち残れば、「SPADIE POKER LEAGUE」のファイナルチケットやジクー店内サービス券などのプライズが用意されている。学生や、早めに仕事が終わった人は、「ジクー」に集合で!
※要請により変更となる場合があります。

<INFO>
店名:アミューズメントカジノ ジクー 西武新宿駅前店
設備:ポーカー|5〜6台、ブラックジャック|1〜2台、バカラ|1台、ルーレット|1台
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-25-3 西武新宿駅前ビル(WAMALL)3階
電話:03-5155-3453
営業時間:平日15:00~22:30 土日・祝:13:00~22:30 
HP|https://casino.jiqoo.jp

2|ディーラーと仲良くなるなら「ネコカジ(猫遊戯場)」

名前からしてなんともかわいい「ネコカジ」。歌舞伎町一番街の通り沿いのビル6階にある。お店に入ると、猫耳をつけたネコメイドディーラーの方々が出迎えてくれる。「ポーカー初心者専門」を掲げており、一見さんにも優しい。

そもそもなんで「ネコ」?

やっぱりどうしても気になるのは、目じるしとなっている「ネコ」。店内にもたくさんの猫モチーフの装飾があって、癒し空間(?)的な雰囲気もある。店長の田上さんに由来を聞いてみた。

「かわいいからですね(笑)。歌舞伎町という場所柄や、カジノのイメージ的に怖いと思われるかもしれないのですが、『入りやすさ』を意識しています。初心者専門店と謳っているので、猫の存在が入口になってくれればという思いがあるんです」

猫は、オリジナルチップにも。まさに猫まみれ!時おりレアキャラとして、本物の猫が店舗に滞在することもあるそう。

「ネコカジ」がオープンした2015年は、まだアミューズメントカジノが一般的に知られていない頃。そこから工夫の結果「ネコ」に行き着いたそうだ。

店内の猫要素はもちろん、イベントにも。毎月22日(もちろん、にゃんにゃんの日)は、終日ソフトドリンク、アルコールが無料になる。はじめての人は、この日を狙って行くのもありかもね。

はじめてでもルールがわかるよう、ゲーム中のアクションや役の早見表を用意している。

ネコメイドさんの丁寧なサポート。

「初心者専門店」とだけあって、はじめてでもお店に馴染めるよう、ネコメイドさん(ディーラー)によるお客さんと距離の近い接客や初心者へのサポートを大事にしているという。

「ディーラーであるネコメイドも『ネコカジ』の大きな特徴のひとつ。馴れ馴れしいというか、仲良くなれるようなコミュニケーションは意識しています。初心者の方には、テーブルを確保して講習会を開き、丁寧にディーラーがサポートしますよ」

ネコメイドさんと仲良くなってポーカーも強くなろう(画像:ネコカジTwitterより)。

毎月第2週と第4週の日曜日には、「ネコカジ」の目玉トーナメント「SUNDAY MILLION TOKYO(サンミリ)」を開催。こちらは、参加費が1万と高めな分、歯応えのあるゲームを楽しめ、優勝者は猫型のオリジナルのトロフィーと、海外マルチパスポート25万円分などがもらえる。

獲得したチップ(もしくは別料金)でネコメイドさんとチェキ撮影などもできるので、マストで撮影しておこう。

<INFO>
店名:ネコカジ(猫遊戯場)
設備:ポーカー|6台、ブラックジャック|1台、バカラ|1台
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-22-9 Jゴールドビル6F
電話:03-6228-0366
営業時間:平日17:00〜25:00 土日・祝 11:00〜25:00
HP|http://nekokaji.com

3|楽しくお酒を飲むなら「Casino Live Tokyo」

2021年4月にオープンしたばかりの新店舗「Casino Live Tokyo」。ユニカビジョンから渡ってすぐ歌舞伎町一番街の通りのビル9階にある。歌舞伎町を見下ろすことのできる店内の雰囲気は抜群。コンセプトは「Let’s Enjoy! Let’s Drink!」。

名前を呼び合う楽しいコミュニケーションを。

「アミューズメントカジノのバリューは楽しむこと」と話すのは、ポーカーネーム「タートル」で知られる店長の亀井さん。プレーヤー目線で、楽しい場づくりのための工夫をしているという。

“雰囲気良き”、”マナー良き”、にこだわりがあります。自分がプレーヤーだからこそ感じたのは、やっぱり大前提としてお客さんのマナー意識がないと雰囲気は良くならないということ。なので、ネームカードを常に見えるようにしたり、マナーの張り紙をしたりして、お店5割・お客さん5割で一緒に場づくりをしていくのがうちの特徴ですね」

ポーカーネームが書かれたカードは、テーブルの縁に置いておく。

カードは、テーブル全員から見える位置に置くのが「Casino Live Tokyo」のマナー。店内ではディーラーさんも、他のお客さんも、気さくに名前で呼んでくれるそう。対人ゲームの醍醐味ってまさに、こういうところにあるんじゃないかな?

カップルや女性のお客さんも増えてきているそうで、コミュニケーションしながらポーカーを楽しみたい“エンジョイ勢”(カジルは全力応援しています!)のみなさんは、とくに肌に合うはず!

①順番を守る、②意図と違うBet額にならないよう注意する、③他者へのプレイ批判、批評、三味線は絶対に行わない

どんどん飲んで、楽しんでほしい。

コンセプトに「Let’s Drink!」との言葉があるように、お店では「飲み」も大事な要素のひとつ。

うちはディーラーも、お客さんと一緒に飲むんですね。なるべく注文しやすい雰囲気づくりを意識していて、シャンパンなんかもかなり出ます。誰かをお祝いしたい、場を盛り上げたいという気持ちで注文していただけるのが嬉しいです」

メニューにはドンペリ、モエ・エ・シャンドンなどが並ぶ。価格を他店よりも低く設定しているそう

飲み好きに嬉しいポイントは他にも。「ドリンク系トーナメント」なるものもあり、通常のチップとは別に「酒チップ」が飲んだ量に応じて追加され、最終的にチップ数が多かった人にはドリンクチケット15枚などがもらえるイベントも実施している。

コンセプトを体現するお店づくりをしている「Casino Live Tokyo」。ポーカーはもちろん、お客さんとして一緒にこの場の雰囲気をつくっていくのも、大きな楽しみのひとつになりそうだ。

<INFO>
店名:Casino Live Tokyo
設備:ポーカー|6台、ブラックジャック・バカラ|1台
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-23-15 SUZUYAビル9F
電話:080-3493-6039
営業時間:月〜木17:00~23:00 金土日・祝:12:00~23:00 
HP|https://casino-live-tokyo.com

4|腕に自信があるなら「祇園」

歌舞伎町の奥、ラスボスのように佇むのが「祇園」。TOHOシネマズ新宿横の通りをさらに進み、TOHOシネマズ新宿横の通りを、さらに進んだ先のビル4階にある。高級感漂う和風テイストの内装と、豪華なプライズを揃えたトーナメントイベントが特徴。

祇園は高い?いや実はそんなことないんです。

数あるアミュカジの中でも「高級店」を掲げている「祇園」は、トーナメントエントリー費を高めに設定しているという。相場が4、5,000円のところ、ここでは6,000円〜15,000円ほどになっている。そこにはある想いがあると、店長の鴨川さんが説明してくれた。

「オープン当初から『どうせやるなら強くなってほしい』という想いが強くて。日本の有名なポーカープレイヤーがよく来店されていて、どちらかというと“ガチ”な空気もあります。海外カジノに近い状況をつくりたいということもあり、2DAYイベントやプライズマッチを軸にしたイベントを実施しています」

オーナーが京都の出身であることから「祇園」と命名されたそう。

じゃあ結構ハードル高め?と若干及び腰になっていると、店長の鴨川さんは「でも意外に安く済んだりもするんですよ」と、はじめての人にとって安心なポイントもフォローしてくれた。

なんとはじめて来店した初回は、エントリー費が半額になるんだそう。女性の場合は、さらにそこから半額(!)。2回目以降は、友だちを連れてくればどちらも半額の割引となる。他にも同じテーブルにいるスタッフを飛ばすと半額、などゲームの結果によってお得になることも。実は祇園への入口は、とてもオープンなのだ。

大型イベントのひとつ「時代祭」のプライズは総額200万マイル。

富豪が生まれるプライズマッチ。

なんといっても「祇園」の特徴は、プライズの豪華さ。毎月合計すると1,000万マイルほどのプライズが提供されているという。「マイル」とは、ポーカーギルドが発行する店内通貨で、加盟店や海外のトーナメントで使用することができる。

「大きなプライズマッチとしては、『祇園祭』と『時代祭』を毎月実施しています。プライズはそれぞれ150万と70万マイル。一度優勝すれば、海外渡航費として使用できるくらいの規模ですし、店内のフード注文にも使用できるので、一気に富豪になれますよ」

さまざまな「王」が用意され、豪華マイルをもらえるチャンスが。

中には7,500円のエントリー費のみで優勝まで駆け上がり、多額のマイルを手にした人もいるんだとか。さらに、たくさんプレイヤーを飛ばした人、たくさんエントリーをした人などは、毎月「王」の称号が与えられ、見事三冠王に輝くとマイル30万などのプライズがもらえるチャンスもある。

プライズが豪華な分、もちろん競争は熾烈だが、勝ち進めば“新宿ドリーム”を掴める夢のある場所が「祇園」だ。腕に覚えのあるプレイヤーは、挑戦してみよう。

<INFO>
店名:祇園
設備:ポーカー|4台
住所:東京都新宿区歌舞伎町2-27-3 丸友ビル4F
電話:03-6273-8138
営業時間:平日17:30~25:00 土日・祝:11:30~25:00 
HP|https://amuse-gion.com

新宿には、上記で紹介した以外にも、最近オープンしたばかりの「BLOW 歌舞伎町店」など、まだまだ気になるスポットもたくさんあるので、ぜひ2店舗、3店舗をハシゴして自分に合うアミューズメントカジノを見つけてみてほしい。


カジノ情報交換コミュニティに参加して、カジノについて話せる友だちを見つけよう🤝
詳しくはこちら😎👉 <カジルラウンジβ版